転職を成功させるコツを知ろう|経理の仕事を目指している人必見

典型的な3K職場

大型車

慢性的な人員不足

物流業界の活性化によりトラックドライバーの求人数は増加しています。しかし求人数に対し応募数は少なく慢性的な人員不足になっている実情です。若手のトラックドライバーになりたいという希望も少ないため、業界のドライバーの高齢化も問題になっています。荷卸しなど力仕事を必要としていることも敬遠している理由になります、また人員不足からくる長時間労働も敬遠材料の一つです。労働時間数が長く休日数も少ない、それに加えて給料が安いことも要因です。物量業界の仕事は増加していますが単価は安くなっています。価格競争に加えて品質強化を前面に打ち出していることも薄給と長時間労働につながっているのです。長時間労働は事故などのリスクを押し上げるため、求人広告で会社の状況を把握することが大事です。

大手会社がベスト

トラックドライバーの求人では、大手を狙うのがお勧めです。中小の企業は下請の運送を行っていることが多く、仕事をとるために安い運送料でも引き受けることが多いからです。そのため給料に直結することはほとんどありません。物流業界が発展しても中小企業が発展するまでにはかなりの時間を要するためです。大手であれば、自ら営業力を持っていますので、単価の引き上げなどの可能性も高くなっています。そしてトラックドライバーの管理も最先端で行っています。長時間労働が要因となる事故のリスクを少しでも低くするための取り組みも行っているからです。また比較的年式の新しいトラックを運転できる楽しみもあります。そのため、できるかぎり大手の求人を探すのがベストなのです。